ブログ詳細

ブログ詳細

オープンキャンパス日程一覧

2018年06月15日(金) | ブログ通信教育ホットライン

2018年度 第3回勉強会

皆さん、こんにちは
梅雨らしい雨模様となりましたが、いかがお過ごしでしょうか
昨日開催された、今年度最初のパンの勉強会の様子をご報告いたします

6月14日(木)製パン勉強会が開催されました
「調理パン・穀物パン」というテーマで、4製品を作ります

【編みコーンパン】【パン コンプレ】
【パリパリチーズ】【ミューズリー シュタンゲン】

平日開催でしたが、今回もたくさんの方にご参加いただきました

担当は、パン科担任の千葉先生です

1テーブル5名での作業となりましたが、生地の量が多いため、ミキサーを使った生地作りとなります


パン コンプレは、生地を二つに分けて、味わいの違う2種類のパンを作ります


こちらは、調理パンの生地の成形

パリパリチーズは、中にたっぷりとチーズを包んでから薄く伸ばして、

上にも粉末のエダムチーズをトッピングして、焼き上げます
発酵させずに焼くことで、パリッとした食感に仕上がります

軽い口当たりで、おやつやおつまみにぴったり!


編みコーンパンは、細長くのばした生地を編んで、成形、発酵させます


編み方がわからなくなってしまったら、先生に確認してみましょう


マヨネーズとたっぷりコーンをトッピングして、焼き上げます


少し大振りのコーンパンは、食べ応え充分!


パン コンプレは、全粒粉が入ったパン

今回は、ホワイトチョコレートとマカダミアナッツを加えたアレンジバージョンも作ります

こちらは、ミューズリー シュタンゲン
種実やドライフルーツを混ぜ込んだパンです


棒状に成形するだけですが、表面の張らせ方によって、製品の膨らみ具合が変わってきます

なかなか奥が深い工程です

表面にゴマをつけて発酵させ、さあオーブンで焼きますよ~!

パンコンプレとミューズリーシュタンゲンは、このフランスパン専用窯と呼ばれるオーブンで焼成します
鉄板に乗せず、直接、窯のなかで焼き上げるのです
まず、たっぷりの蒸気を注入して

台の布ごと、窯の中へ滑らせます

完全にオーブンのなかへ押し込み、布を引っ張ると、あら不思議
パンはオーブンの中に納まるのです

焼けたかどうかは、1つ取り出してみて、確認しましょう


底の部分を指で叩き、コンコンと乾いた音がすればオーケー


大きなスコップのような器具で、一気にパンを取り出します


全粒粉の独特な香ばしさが、食欲をそそるパン
サンドイッチにしても美味しそうですね


ミューズリーシュタンゲンも同様に焼き上げます


皆さんが、なぜか遠巻きに見ているのは、柄がとても長くて危ないからです(笑)
当たらないように、逃げてくださいね


ひまわりやカボチャの種、レーズンなどがたっぷり入った風味豊かなパンです


こんなにたくさんのパンが焼き上がりました!


受講された皆さん、お疲れ様でした
パンは、食事はもちろん、軽食やおやつ代わりにもなるフレキシブルな食品ですね
今回ご紹介した作り方や、味のバリエーションなど、ご参考にしていただければと思います
次回は6月23日(土)です。お待ちしております! sugi






▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る