ブログ詳細

ブログ詳細

オープンキャンパス日程一覧

2018年10月18日(木) | ブログお菓子にまつわるエトセトラ

パン職人の魅力とは?


近年では、女性を中心にパンの人気が高まっています。
朝早くから行列のできる人気店や、テレビや雑誌に取り上げられるお店も少なくありません。
今回は、そんな魅力溢れるパン職人についてご紹介します。

パン職人の魅力
職業にはそれぞれの魅力があります。パン職人にはどのような魅力があるのでしょうか。

・お客様へ提供できる喜び
パンは、温度や湿度に影響されます。その日の天候によってできあがりが異なるほどです。
そのため、その日によって微調整をしなければなりません。
大変な作業ですが、手をかけて作ったパンをお客様に提供できたときのやりがいや喜びは大きなものです。

・オリジナルのパンを作れる
パン生地の作り方はさまざまな方法があります。
材料を変えたり、配合を変えたりすれば何通りものパンができあがります。
研究を重ねながら、自分だけのオリジナル溢れるパンを作ることができるのです。

・さまざまな場所で働けるパン職人
パン職人は、さまざまな場所で技術を活かすことができます。ベーカリーはもちろん、ホテルやレストラン、カフェなどもパン職人の活躍の場です。
パン職人としての技術が認められれば、海外で働くことも夢ではありません。
経験を積むと、自分のお店を持つこともできます。魅力的な商品を作れば、経験年数など関係なく、人気店を作ることが可能です。

パン職人としての技術があれば、働ける場所は多岐に渡り、必ず将来の役に立つということが魅力ではないでしょうか。

パン職人に役立つ知識・技術とは
パンは、食パンなどの主食となるものから、惣菜パン、菓子パンなどたくさんの種類があります。パンを作る技術はもちろんのこと、惣菜パンであれば料理、菓子パンであれば製菓の技術も同時に身に付けておく必要があるといえるでしょう。

パンは味も大切ですが、デザインも重要です。
特に女性に人気が多いパンは、“流行性”を抑えているかということもポイントになってきます。
たくさんのパンを研究しながら、季節性を出すパンであったり、流行の食べ物を使ったパンを作るなど、さまざまなアレンジが必要です。

パン職人に向いている人は?
パン職人は、一日中パンに携わります。
そのため、なによりパンが好き!という人がパン職人に向いています。

・体力に自信がある人
開店前までに、商品であるパンを作る必要があります。
そのため、パン職人の仕事は早朝からはじまります。また、閉店後も次の日のパンの仕込みや新商品のパンを考えるなど、勤務時間が長いのです。
また、パン作りに必要な小麦粉。業務用サイズの大きなものを持ち運びする場面も少なくありません。

・時間配分が得意な人
先述したとおり、開店までに、全商品のパンを作ることが必須です。
そのため、準備が完了するまでにどのくらいの時間が必要なのかなど時間配分と作業を両立しなければなりません。
そして、閉店までパンを切らさないように、計算をしながら、都度パンを作り続ける必要があるのです。

・接客が好きな人
パン職人は、パンを作るだけではありません。お客様へ商品であるパンを提供する機会がたくさんあります。
どんなにパンの出来が良くても、接客が不十分なお店は長続きできません。
接客が良く、作り手の顔が見えれば、お客様からの信頼度も上がり、自然と人気が集まります。
 
パン職人は、男性・女性関係なく、活躍のできる仕事のひとつです。
自分のオリジナリティ溢れる商品を作れるパン職人。ぜひ目指してみませんか?

▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る