ブログ詳細

ブログ詳細

オープンキャンパス日程一覧

2019年02月12日(火) | ブログお菓子にまつわるエトセトラ

パティシエのさまざまなビジネススタイルを知ろう!


パティシエは、多くの人々に食の魅力と楽しさを伝える素晴らしいお仕事です。
小さい頃からパティシエを夢みてきたという方も多いのではないでしょうか。パティシエは、その職業ひとつとっても勤務する場所によってその働き方や魅力が異なります。
今回は、3つの場所で働くパティシエの働き方の特徴、違いについてご紹介します。

洋菓子店のパティシエ
洋菓子店のパティシエは、他の業態に比べて経験が浅くても多くの商品に携われるメリットがあります。仕込みから商品が出来上がるまでの一連の流れが仕事で、店舗管理に至るまでのほとんどの業務を行います。そのため、パティシエとしての技術はもちろん店舗経営のノウハウまで身に付けることができます。
また、オーナーやシェフパティシエとの距離が近くなるため、その知識や技術を間近で学ぶことも可能です。将来独立を考えている人やスピード感のある成長を求めている人にとっては、非常に魅力的な環境が整っているといえます。

ブライダルパティシエ
ブライダルパティシエのメリットは、華やかでオリジナリティ溢れるケーキを作ることができる点です。人生の分岐点ともなる結婚という一大イベントに携わることができるため、やりがいを感じることができる仕事です。その分プレッシャーになりますが、自分が作ったケーキに対する感謝の思いを直接聞ける機会が増えます。 

ただし、ブライダルに使用するケーキの製作には特別感が伴うため時間がかかります。作業が役割分担になることが多く、洋菓子店のパティシエよりも技術向上という点では劣ります。ただし、周囲の動きを見ながら自分のすべきことを瞬時に判断する洞察力やとっさの判断力など、大勢のパティシエと協力するからこそ身に付くスキルも多いのが特徴です。

ホテルパティシエ
ホテル内のレストラン・カフェ・宴会・ギフトスイーツを提供するブティックでのお菓子作りなどに携わります。提供数が多いため、スピーディーで効率的な作業が求められます。将来独立を考えている人にとって重要なスキルとなる、大量調理のノウハウを学ぶことができます。
また、洋食や和食の料理人、サービススタッフなどパティシエ以外の人と働くため、さまざまな人と関わります。コミュニケーション能力が身に付くのはもちろん、多様な角度から自分が作る商品や食について考えることができます。

まとめ
パティシエといっても、働く環境によって身に付くノウハウや特徴が異なります。しかし、パティシエとしての基本的な技術や知識はどこで働いたとしても重要です。
日本菓子専門学校では、自由な想像力と創造力を身に付けることを目的とし、ベースとなる技術や知識を徹底的に学ぶことができます。パティシエになることを考えている方は、ぜひ日本菓子専門学校を検討してみてください。
▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る