少人数制の実習

少人数制の実習

オープンキャンパス日程一覧

少人数制の実習

実習とは、教師の実演を見るだけではなく、自分の手を使って作業することが最大の効果を生みます。日本菓子専門学校では、製菓技術学科1テーブル3名、製パン技術学科1グループ4名、ハイテクニカル科1テーブル2名

という 最少人数で実習を行います。そのため限られた実習時間でも、一人ひとりが携われる作業量が飛躍的に伸び、効率的に技術を身につけることができます。

これは日本菓子専門学校の長い歴史と経験から割り出された、製菓・製パンの技術を学ぶの上で最適な人数構成と言えます。

1クラスの人数は42名。
製菓技術学科は1テーブル3名。
製パン技術学科は1グループ4名。

この人数で授業が進められます。

なぜ、日本菓子専門学校では、少ない人数で実習を行うのでしょうか?

これは、すべての学生がより多くのお菓子やパンづくりに参加できるように考えられたスタイルで、日本菓子専門学校の長い歴史と経験によるベストな人数構成です。少人数で実習を行うことで、「実習なのにただ見ているだけ」ということがなく、必ず作業に関わることができるように考えられています。また、少人数のグループであるため、必然的にコミュニケーションを取り合い、協力し合うようになり、社会に出てから重要となる協調性やチームワークを同時に学ぶことができます。

授業の終わりにはお茶を入れ、試食、教師との質疑応答の時間を設けています。授業終了のあいさつ後(日本菓子専門学校の学生たちのあいさつはとてもいいですよ!)、つくった製品は持ち帰ることが出来ます。教室にはお菓子を入れる箱(大きなサイズで50円位)が用意されていますが、どこかのショップの箱を持参する学生もいます。バイト先の同僚や友人にあげたり、家族のために持ち帰ったりしているようです。製菓技術学科の学生と製パン技術学科の学生がお菓子とパンを物々交換する光景もよく見られます。学生の技術も高く、材料もベストなものを使用しているので、自分で食べたり、持ち帰ったりすることが当たり前になっています。

▲ページTOPに戻る
▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る